仮性近視






目に負担をかけやすい環境のため子供の視力が低下

仮性近視とは

近頃は学校の視力検査で近視と判定される子供が増えていると言われています。
ゲームやパソコンなどを長時間行うといった目に負担をかけやすい環境に加えて、外遊びが減って遠くを見る機会が少なくなった点も理由として挙げられます。

ただ、学校で要検査と言われも眼科で改めて結果を受けた結果、仮性近視と診断されるケースも少なくありません。
親御さんはこの近視と仮性近視の違いについてもしっかり把握しておく必要があります。

この仮性近視とは偽近視とも呼ばれており、その名の通りあくまで「仮の近視」を意味していて、簡単に言えば一時的な近視状態のことなのです。

近視とは目の焦点をうまく合わせることができなくなってしまって、視力が低下する症状ですが、この焦点を合わせる機能は、毛様体筋と呼ばれる目の中の筋肉が収縮して水晶体の厚みが変化することで行われます。

本物の近視はこの器官が上手く機能しなくなってしまった状態なのですが、仮性近視とは毛様体筋が一時的に過度に収縮してしまったことによって生じます。

そのためこの状態に陥ると、目の焦点を上手く合わせることができなくなってしまって視力がどんどん落ちていきますが、適切な対策と治療さえ行えば回復する可能性は十分あります。

逆に早い段階で治療を行わずに仮性近視の状態を続けていくとそのまま真正の近視になってしまう恐れがあります。

仮性近視の対策

仮性近視の対策方法としては正しい姿勢でものを見るように心がけることです。
パソコンやゲームをしているとどうしても猫背や前傾姿勢になってしまうため、正しい姿勢になおすように親が注意してあげるとよいでしょう。

それから適度に目を休ませることが大切になります。
毛様体筋が過度に収縮する原因は、同じものを長時間見続けて筋肉が緊張状態に陥ることです。
ゲームやパソコンを使用する時には、1時間以上続けて同じものを見続けさせないよう心がけましょう。

早い段階で仮性近視のケアを行っていけば、医療機関での治療も特に必要なく視力を回復させていくこともできます。
もしお子さんが仮性近視と診断された場合には、生活習慣と目を使う時の環境を見直すところから始めましょう。




メニュー