視力回復センターとは






視力回復センターとはどんなとこ?目が悪いのなら1度は行く?

安全で自然な方法で視力回復が望める場所

全国各地にある視力回復センターとは、メガネやコンタクトレンズなどの視力矯正器具を使わなくてもクリアな視界を取り戻すために様々なトレーニングを行っている民間施設です。

視力低下と言っても原因や特徴は様々ですから、視力を回復するためには自分の原因に合った適切な方法でトレーニングすることが必要となります。

家庭では専門的な知識がないとそうした訓練も難しいため、専門家の下で適切な訓練をするのが視力回復センターの役割となります。


こうした施設では、週に何回かのトレーニングを行うため、頻繁にセンターに足を運ぶ必要があります。

自宅や学校から通いやすいロケーションにある施設を選ぶことが、長く続けるためのコツとなります。

実際にどんなトレーニングを行うかと言うと、眼球体操やツボ押しなど家庭でもできるトレーニングもあれば、超音波を使ってマッサージをしたり、遠方を凝視するトレーニングを行ったり、患者さんのニーズに合わせていくつかのトレーニング方法が決まります。


視力回復センターとは健康保険が適用される医療機関と言うわけではないため、かかる費用はセンターごとに異なります。

入会金に数千円かかり、その後は毎月数千円〜数万円がかかることが多いようです。
必要な利用料はどんなトレーニングをどのぐらいの頻度で受けるかによって変わるので、料金面も含めて最初のカウンセリングで相談してみると良いでしょう。


多くの人がより自然な方法で視力を取り戻すことができる視力回復センターですが、通えば全員が必ず視力回復できるというわけではありません。

状態によっては視力回復センターよりも眼科で治療を受ける必要がある場合もありますし、トレーニングをしていても普段の生活習慣を改善しなければ効果を実感できないことも少なくありません。

そのため、子供の視力回復センター通いを考えている場合には、家族全員で一丸となって取り組めるように、あらかじめ話し合ったほうが良いでしょう。





「視力回復センター」へ戻る

メニュー