学校 視力検査 C






学校の視力検査でC判定が出て眼科で再検査

学校の視力検査でC判定が出て眼科で再検査

小学校では毎年1回視力検査を行います。
子供の視力は大人に比べて急激に変化することが多く、
特に低下する場合には大人の3倍ほどの速さといわれています。

そのため検査で視力に問題があると判断された場合には、
できるだけ早く医療機関で検査を受けることが必要です。

この小学校での視力検査は多く分けてA〜D判定の4段階で判定されます。
具体的な基準では視力1.0以上がA、0.7〜0.9がB、0.3〜0.6がC、0.2以下がD判定となります。
つまり裸眼視力を元に判定が下されるのです。

この結果で重要になるのがB判定とC判定の境界です。
一般的には視力が0.7以上あれば、教室のどの位置からでも黒板の文字を
見ることが可能とされています。その境界がBとCというわけです。

つまりC判定以下になると席の位置によっては黒板の内容が読めず、
授業の理解に支障をきたしてしまいます。

これでは学業に問題が出ないかどうか親としても心配になるというものです。

そこで学校ではC〜D判定が出た場合には医療機関で検査を受けるよう家族に
対して推奨されます。改めて視力検査を受けて状態を確認し、
本格的な治療や対策が必要かどうかを判断するのです。

ここでひとつ親御さんが知っておきたいのは、学校での検査結果と眼科でも
検査結果が違うケースもよく見られる点です。一般的に見て学校の検査の方が
低い結果が出やすいといわれています。

学校ではC判定が出ても眼科では視力1.0の結果が出た、といったケースも少なくないのです。
子供の場合はとくに寝不足や前日ゲームをやりすぎた、あるいは体調不良といった環境の影響
で視力が変動しやすく、一度の検査だけでは正確なところがわからないケースが多いのです。

この問題はとくに低学年にその傾向が強いため、親としては知っておきたいところです。

このように、学校で行う視力検査は子供の視力を確認するだけでなく、
授業に支障をきたさないかどうかを確認する意味もこめた重要なものです。
ただ、もしC判定以下の結果が出た場合でも親はそれほど神経質になることなく、
とりあえず眼科で改めて検査を受けたうえで実際の視力の状況を判断するようにしましょう。





「仮性近視について」へ戻る

メニュー