黒板 見えない






目が悪くって一番前の席でないと黒板の字が見えない

黒板が見えにくくなった仮性近視の疑いあり

子供の視力の異変には、親はなかなか気づきにくいものです。

子供にとっては、自分の視力が他人と比べて悪いということは自覚しにくいため、
学校のクラスで行われている授業でも、黒板の文字が良く見えないために授業が
理解できなかったりして、勉強に支障をきたしてしまうこともあります。

視力が低下すると黒板の文字が見えづらくなり、クラスの後ろの方だと字が
見えないので前の席に座ることが多くなります。

しかし、それは一時的な解決にしかならないので、根本的に解決するためには
学校で座る場所を変えてもらうだけではなく、眼科を受診して仮性近視の検査を
受けたほうが良いでしょう。

仮性近視の検査を受けると、子供の視力を測定してもらえるので、
どのぐらい子供の視力が低下しているのかを正確に把握できます。

また、仮性近視だと思っていても実際にはすでに近視が進行していたりして、
生活習慣を改善するだけでは視力回復につながらないというケースも少なく
ありません。

子供にとっては視界がボンヤリしていたのでは学校生活だけでなく日常生活
にもマイナスの影響がありますから、メガネを作って視力矯正したほうが良い
でしょう。

仮性近視なのか実際の近視なのかは、眼科での検査で調べることができます。
これはただの視力検査をするだけでなく、眼軸と呼ばれる眼球の奥行の長さを
測ることによって、近視なのか仮性なのかを区別することができます。

実際に近視になっている場合には、生活習慣を変えても元通りの視力まで
復活できる可能性は低くなってしまうので、メガネをかけて日常生活における
視力矯正を行うことになります。

もしも子供が「学校で黒板が見えないから、前の席にしてもらった」と言ったら、
すぐに眼科で検査してみることをおすすめします。

仮性近視の状態なら生活習慣を改善することで視力を元通りに戻すことも可能です。
部屋を明るくしたり、作業をするときにはできるだけこまめに休憩を取りながら
眼精疲労を蓄積しないような工夫も良いでしょう。





「仮性近視について」へ戻る

メニュー