メガネ 近視 進行






メガネをかけると近視は進行する?

メガネで近視が進行することはマレ

子供の視力が少し悪くなってきても、メガネをかけてしまうと近視が進行してしまうから、
と自然な方法で視力を回復させることを希望する親は少なくありません。

しかし、メガネをかけることによって近視がさらに進行したり、
視力がより悪くなってしまうというわけではありません。

こうした視力矯正器具は、肉眼で見えづらいものをより見えやすくするための
一時的な解決方法なので、眼球の中で視点や焦点を合わせるレンズのような役割
をしている機能に影響を与えることはないのです。

成長期にある子供が、メガネをかけることで近視がさらに進行してしまうケースは
もちろんあります。

これは、どんなタイプの視力矯正器具を使っているかということが問題なわけではなく、
子供が成長する過程において、眼球の大きさも成長して大きくなっていくためです。

視力矯正のためにメガネを作っても、その後に成長期に入って身長が伸びたりすると、
それによって眼球のレンズも伸ばされるために焦点が以前とは少しずれてしまうこと
もあります。

それが、視力がさらに悪くなってしまったと感じる原因にもなってしまいます。
こうした現象は、メガネをかけていてもいなくても関係なく起こるため、
成長期に入る前に近視が始まった子供の場合には、思春期に入ると誰でも視力は
悪くなる可能性があることは覚えておきたいものです。

近視になってしまうと、その度合いによっては完全に元の状態へ戻すことは難しいと
言われています。しかし、近視になりかけている仮性近視の状態の場合には、
生活習慣を改善することによって、視力が悪くなることなく正常な視力を取り戻すこと
も十分に可能です。

そのためには、目にとって負担となるような生活習慣を見直すことが必要不可欠と
なります。

例えば、暗い部屋でテレビを見たり、暗い場所で読書をしたりすると、目にかかる負担
が大きくなってしまうために視力も低下しやすくなります。

子供の視力を守るために、部屋の中で作業をする際には部屋を明るくしたほうが良い
でしょう。





「仮性近視について」へ戻る

メニュー