子供にだってある眼精疲労。目の使い過ぎには注意|仮性近視博士

子供 眼精疲労






子供にだってある眼精疲労。目の使い過ぎには注意

子供にだってある眼精疲労。目の使い過ぎには注意

眼精疲労とはその名称の通り「疲れ目」のことです。
ぼんやりとかすんで見えるようになったり、目がショボショボするだけでなく、
進行すると頭痛や肩こりの原因になるなど侮れない症状をもたらします。

この眼精疲労は大人がなるものというイメージが広くもたれています。
長時間のデスクワークを行うサラリーマンにもつきまとうものですし、
かすみ目などは体の衰えと深く関わっている印象が強いからです。

しかし実際には決して大人だけに限られたものではなく、子供にも発症する可能性があります。

疲れ目ですから、当然目に疲労をもたらすような環境で過ごしていれば年齢に関係なく生じます。
確かに大人は子供に比べて回復力などの面で劣るため、なりやすい傾向が見られますが、
逆に子供は疲れを感じないため目を休ませることもせずに酷使してしまうシチュエーションも多く、
知らず知らずのうちに進行してしまっているケースが多いので注意が必要です。

子供の眼精疲労の大きな原因となるのがゲームやスマホ。親がちょっと目を話すと2時間、3時間と
続けてやり続けることもありますし、スマホや携帯用ゲーム機なら親の目が届かないところで
子供同士で遊ぶ機会もあります。

ゲームはテレビやインターネットに比べてもとくに長時間没頭してしまう傾向があるため、
眼精疲労に陥りやすいのです。

目が疲れた状態になると網膜のピントを合わせる毛様体筋という筋肉が疲労に陥ってうまく
機能しなくなり、視力低下をもたらします。これは当初は一時的な症状に留まりますが、
慢性化するとそのまま本当の近視へと進んでしまうので注意が必要なのです。

お子さんがしきりに目を擦っていたり、疲れたような表情をしていないでしょうか。
あるいは集中力が低下したり、頭が痛いといった症状を口にしていないでしょうか。

その場合には眼精疲労が関わっている可能性があるため、早い段階で目の疲れをとる対策をとりましょう。
ゲームやネットをやめさせるのはなかなか難しいでしょうから、
まずは適度な間隔で目を休ませる習慣をつけるところからはじめるとよいでしょう。





「仮性近視について」へ戻る

メニュー