ブルーベリー 目






ブルーベリーが目にいいといわれているのが、それはほんと?

抗酸化作用と毛細血管保護作用で視力を守る

子供の近視や視力低下は、生活習慣や食生活を改善することによって改善できることが少なくありません。

部屋を明るくしてテレビを見たり、1時間に1回ぐらいは目を休ませるために休憩するなど生活習慣の改善は必要不可欠ですが、目という器官の機能改善をサポートする栄養成分を積極的に摂取することでも、視力回復しやすい体内環境を作ることができます。

視力回復や眼精疲労改善効果が期待できると言われている食材の一つに、ブルーベリーがあります。

サプリメントとしても人気のこの食材にはアントシアニンと言う成分がたっぷり含まれていますが、これはブルーベリーの赤紫成分です。ブルーベリーを指でつぶすと赤い汁が出ますが、この赤み成分こそがアントシアニンなのです。

アントシアニンには疲労やストレスを軽減する抗酸化作用があるだけでなく、眼球周辺に密集している毛細血管を保護する働きもあります。

眼細胞の血行が促進されることによって一つ一つの細胞に十分な酸素や栄養素を届けることができるので、視力回復効果へとつながるのです。

目で見たものは、網膜内にあるスクリーンに映し出され、そこから視細胞によって信号に変換されて脳に伝えられます。その際にはロドプシンと言う成分が必要となりますが、アントシアニンにはロドプシンがたっぷり含まれているので、目の中のスクリーンがより明確に脳に伝えられやすくなります。

ロドプシンが不足してしまうと視界がボンヤリしたり眼精疲労になりやすい原因となってしまうので、はっきり鮮明な視界を維持するためには、ロドプシンという成分が必要となります。

ブルーベリーはフルーツですが、スーパーなどでは意外と高額だったり手に入りにくいことが多いため、冷凍タイプや缶詰タイプを利用したりして、食生活の中に上手に利用すると良いでしょう。

子供なら、ドライフルーツタイプになっているブルーベリーをおやつとして食べるのもおすすめです。





「仮性近視の回復」へ戻る

メニュー