目に良い食べ物






目に良い食べ物を食べて視力回復!

食生活を見直して体の内側から視力回復

視力低下や眼精疲労などの目のトラブルは、毎日の生活の中で生活習慣を見直すことによって改善できますが、普段の食生活でどんな食材を食べるかによっても大きな効果が期待できます。

目に良い食べ物は私たちが普段の生活で食べている食材の中にもたくさんあるので、子供の視力低下や眼精疲労が気になる家庭では、ぜひ毎日の食生活を見直してみてはいかがでしょうか?

目に良い食べ物として知られている中でも最も知名度が高いのは、ブルーベリーです。

毛細血管を保護する作用や抗酸化作用を持つアントシアニンがたっぷり含まれているフルーツですが、日本のスーパーではなかなか手に入りづらかったり値段が高かったりするので、加工品や冷凍物を上手に活用する方法がおすすめです。

ブルーベリー以外にもアントシアニンをたっぷり含む食べ物はたくさんあります。

  • 紫キャベツ
  • シソ
  • ブドウ
  • イチゴ
などがです。

目のレンズ機能をサポートするコンドロイチンも視力低下や眼精疲労にオススメの成分です。

コンドロイチンはネバネバ成分で、納豆やオクラ、なめこ、山芋などに多く含まれています。一度に大量に摂取できなくても毎日の食生活の中に上手に取り入れやすい食べ物が多いですし、ネバネバが苦手な子供ならみそ汁の具にすればネバネバしなくなるのでおすすめです。

目の周辺の視神経に多く含まれているタウリンと言う成分を食べ物で補給してあげることもおすすめです。

タウリンはホタテやアサリ、サザエ、イカなどといった魚介類にたくさんに含まれている成分で、視神経や毛細血管の流れを促進する働きがあります。

眼精疲労のための栄養ドリンクなどにも含まれている成分ですが、子供にとっては栄養ドリンクを飲むよりも食生活の中で摂取したほうが、他の成分もバランスよく摂取できるのでおすすめです。

一方、脂質や糖質を多く含んでいる食べ物は、体を酸性に傾けてしまうので、目にとっては良くありません。できるだけ控えたほうが視力や眼精疲労の改善につながります。





「仮性近視の回復」へ戻る

メニュー